節分の豆まきの意味と由来を教えて!節分豆の名前と種類も気になる!

この記事は2分で読めます

image001
  • SumoMe

2月3日の「節分」。この日は「鬼は外、福は内」と言いながら豆をまいたり、恵方巻を食べたりしますよね。この節分って、そもそも何のために行うのでしょうか? 何で豆まきをするの? 恵方巻って何? 食べるときに向く方角はどうやって決まっているの?

節分について考えれば考えるほど疑問が沸いてきます。今回は節分や豆まきの由来についてご紹介します。

スポンサーリンク

豆まきの意味、由来

「季節を分ける」と書いて「節分」。そう、節分は季節の変わり目なのです。2月3日の節分は、春の始まりとされる「立春」の前日なのです。

季節の変わり目が節分なら「1年に4回あるはずでは?」と新たな疑問が出てきます。四季を春夏秋冬と呼び、1年の始まりを新春と言うように、1年の最初の季節である春が重要視されて、特別な風習が残っているようです。

節分に豆をまく風習は中国から伝わったとされています。日本では平安時代ごろから「追儺(ついな)」と呼ばれる宮中行事が執り行われており、邪悪な鬼を追い払う事で災いを振り払おうとしていました。その名残が豆まきとして現代に残っているのです。

また豆は「魔(ま)を滅(め)する」という意味があるようです。まいた豆を食べることで無業息災を祈願する意味もあります。魔物である鬼の目に豆を投げつけて退治したとの言い伝えもあります。

節分の風習である、玄関に柊鰯(ひいらぎいわし)を飾るのは、柊の葉のギザギザが鬼の目に刺さり、焼いたイワシのにおいで鬼がにげるからと言われています。

スポンサーリンク

 

節分豆の名前と種類

節分に使う豆といえば、「大豆」ですよね?

私は、大豆が普通だと思っていました。でも、大豆が普通ではない地域があるというのを最近になって知りました。

北海道や東北では、落花生をまく人が多いというのです。雪国では大豆より大きい落花生の方が、まいた後に拾いやすいなどの理由で昭和の半ばから広まったそう。「なるほど」とちょっと納得してしまいますが、いつか自分の目で現場を押さえなければと思っています。

秋田県の地方紙「秋田魁新報」の動画ニュース。地域の節分イベントで子供たちが落花生をまいています!

話を大豆に戻しましょう。豆まきに大豆を使うのは、穀物には魔除けの力があるとされているのと、「魔滅」や「魔目」の語呂合わせからだと言われています。

大豆は事前に炒っておき「福豆」にします。生の豆を使うと拾い忘れた豆から「悪い芽」が出て縁起が悪いため、炒って芽が出ないようにしているのです。

こちらの記事も合わせてご覧ください。

節分豆はなぜ食べるのか?豆の食べ方と栄養・カロリーを学んでおく!

2017年の節分の日と恵方巻の方角は?節分の由来と方角の決め方とは?

 

あとがき

image002

とりあえず、豆まきに関する疑問は解消できました。これで思う存分「鬼は外、福は内!」と叫びながら豆まきができますね。でも、まだまだ節分に関する疑問が残っていますね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image001
  2. image001
  3. image001
  4. image001
  5. image001
  6. image001
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人のプロフィール

NOVと申します。
基本的に楽しいことが好きなので、食べることやイベントなど様々なテーマを取り扱っています。
楽しいことをするには健康にも気遣わないといけないので健康に関する記事にも力を入れています。

このサイトを見て新たな発見・ヒントになったと思われるブログを心掛けています。

特集記事