2018年の節分の日と恵方巻の方角は?節分の由来と方角の決め方とは?

この記事は2分で読めます

節分の日は2月何日でしょう?
「3日に決まってるやん!」とツッコミが飛んできそうですが、実は3日と決まってはいないようなのです。
私も「節分の日は2月3日だ」と思っていましたが、節分が2月2日や4日もあり得るということを最近知りました。
では、節分の日ってどうやって決まっているのでしょう。

スポンサーリンク

2018年の節分の日と由来

節分が立春の前日であるというのは以前触れました。
その記事はこちらになります。
節分の豆まきの意味と由来を教えて!節分豆の名前と種類も気になる!

立春は二十四節気(にじゅうしせっき)の一つであり、地球と太陽の位置関係によって日が決まります
二十四節気をざっくり説明すると1年を24等分した日です。
有名な日では祝日になっている春分や秋分、ほかにも夏至や冬至、大寒などがあります。
365日を24等分するので、きっちりとは割り切れません。
そのため年によって1日程度ずれたりします。
春分や秋分の日が年によってずれることを考えると、何となく納得できますよね。

ちなみに…
2018年の節分の日は、2月3日(土)です。

しかし節分の日が2月3日なのは、ここ最近では1985年から2024年まで
1984年までは4年に一度のうるう年は2月4日だったようです
2025年からはうるう年の翌年に2月2日になるそうです。
ただ将来のことは予測なので、2021年も2月2日が節分になる可能性もあるようです。
その年が来た時に「節分は2月3日に決まってるだろ」なんて言って恥をかかないようにしたいですね。

スポンサーリンク

 

2018年の恵方巻の方角と決め方

image002

そして節分の風習でもう一つ、恵方巻(えほうまき)がありますよね。
節分の夜に、太巻きをその年の「恵方」に向かい、願い事を念じつつ無言で丸ごと1本ほおばります。
しゃべると運が逃げてしまうそうで、食べている間は誰とも話してはいけません。
この「恵方」って何なのでしょう?
恵方とは、その年の福徳を司る神である歳徳神(としとくじん)がいる方向なのだそうです。
そして恵方はその年の十干(じっかん)によって決まります。
十二支とセットで干支(えと)になる甲(きのえ)とか己(つちのと)などのことです。2018年の戊戌(つちのえいぬ)です。
「戌」の年である2018年の恵方は「南南東(やや右)」
つまり南と南南東の間ということです。
恵方巻は大正時代に大阪の花街で、お新香をまいた海苔巻きを恵方に向かって食べて縁起を担いだのが始まりではないかとされているようです。
豆まきと比べると、ずいぶん最近始まった習慣なのですね。
その後、1970年代には大阪の海苔問屋の組合が恵方巻をPRしていたようですが、あくまでも阪限定の習慣だったようです。
1989年に広島のセブンイレブンが恵方巻を販売し、翌年から販売エリアを順次拡大。
恵方巻の習慣が全国へと広がっていきました。
ですので「子供のころ、そんな習慣あったっけ?」という方もいらっしゃるかもしれません。

恵方巻をお店で買うのもいいですが、作ってみてもいいかも。お昼のテレビに出演している料理人さんが恵方巻の作り方を紹介してくれています。

 

節分の次の行事といえば、やっぱりひな祭りですね。
というわけで、子供会の景品にもなる「ひなあられ」をどうぞ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミニアンパンマンひなあられ【1箱から販売】

 

また、こちらの記事も一緒にご覧ください。
節分豆はなぜ食べるのか?豆の食べ方と栄養・カロリーを学んでおく!

なお「節分の由来」について見てきましたが、”言葉の意味や由来”にご興味がある方はこちらの記事も書いています。ことわざ、間違って使ってませんか?

火中の栗を拾うの意味や同義語とは?例文による正しい使い方をご紹介!

情けは人の為ならずの本当の意味や例文。2つの意味と使い方に気をつけよう!

 

節分という日を楽しもう!

節分の習慣について紹介をしてきました。
節分の日や方角の決め方など、意外と知らなかったのではないでしょうか?
節分を前にしてちょっとした雑学でもあり、歴史などにも触れることとで改めて行事の大切さもわかりましたね。
当日は節分の夜は豆をまいて恵方巻を食べてと忙しそうですが、みなさん頑張ってくださいね!
では、「よいお年を」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人のプロフィール

NOVと申します。
日常で気になること全般を扱っています。健康に関するテーマや普段の生活の中で、疑問に感じたことについて追究しています。
基本的には読者の方が前向きになれるように心がけているので、訪れていただいた方が『他の記事も読んでみたい』と思われるようなサイトを作っていきます。

今日から使えるネタや情報を集めるソースとして、ご利用いただければと思います。

特集記事

アーカイブ