かき玉汁の人気レシピやふわふわにするコツとは?簡単な作り方や具材の使い方

この記事は4分で読めます

d5593c9f45e17434d3b938f404e52fa5_s

最近体調が良くないせいか、食欲が出ない…胃腸炎にかかってしまって、胃に負担は掛けたくない…そんな時、温かいスープであったら少しでもお腹に入りませんか?簡単で、尚且つ栄養価の高いスープを作れたら、心強いですよね。
今回は、お手軽にタマゴを使った人気のスープメニューをご紹介します。ふわふわのタマゴに、きっと食欲が出てきますよ!

スポンサーリンク

かき玉が美味しいスープメニュー

image002

今回のメニューは、難易度の低い人気メニューからご紹介しています。特に、具材が少ないものからご紹介するので、冷蔵庫の中にある材料に合わせて、また体調に合わせて作ることができますよ。それぞれ材料はお好みで増減しやすいので、鍋に作り置いても良いですし、その時に食べる分だけ作ることもできます。

第5位 ふわふわタマゴのわかめスープ

乾燥わかめを使ったスープです。韓国料理でもわかめスープは人気ですね。手っ取り早く作れるので、忙しい朝にもオススメですよ。タマゴをふわふわにするコツを紹介しながらわかめスープを作る動画を参考にしてください。

ひと手間でふわふわ卵スープ|ミシュランシェフのひと手間 定番料理シリーズ レシピ 作り方

〈ポイント〉
動画で紹介されている様に、溶いたタマゴは3回に分けて流し入れる事も大切ですが、お湯が沸騰している部分に流し入れる事も大切です。油を加えなくてもいいですし、またはごま油を代用しても結構です。

第4位 ネギ塩ダレのタマゴスープ

image004

大人気のネギ塩ダレの香りが食欲をそそるスープです。ネギ塩ダレは多めに作っておくと、他の料理にも調味料として使えるのでオススメです。

〈材料〉
[ネギ塩ダレ]
・ネギ(1本)
・ショウガ(一片)
・ニンニク(一片)
・ゴマ油(大さじ1)
・塩(大さじ1/2)
・テーブルコショウ(適量)
・白ゴマ(適量)
[スープ]
・水(400ml)
・鶏ガラ粉末スープ(小さじ1)
・タマゴ(1個)

〈作り方〉
1.ネギはみじん切り、ショウガとニンニクはすり下ろします。
2.ネギ塩ダレの全ての材料を混ぜて味を馴染ませます。
3.鍋に水を沸騰させ、鶏ガラ粉末スープを入れます。
4.タマゴをよく溶きます。白身もよく解して下さい。
5.3のスープが沸騰しているところに、4のタマゴを流し入れ、タマゴが固まったら火を消して下さい。
6.ネギ塩ダレ大さじ1を器に入れ、5のスープを入れて完成です。

〈ポイント〉
ネギ塩ダレは塩を加えてしんなりしたら食べ頃です。タレの味が濃いので、今回はスープに味を加えていません。薄い場合は加えて下さい。

第3位 油揚げと青菜のタマゴとじスープ

青菜は油と一緒に食べる事で栄養の吸収率が上がります。青菜は火を通しすぎない様にきをつけましょう。青菜のシャキシャキ食感とタマゴのふわふわ感が人気です。

〈材料〉
・小松菜 (1束)
・油揚げ(1枚)
・タマゴ(1個)
・和風顆粒だし(小さじ1)
・薄口醤油(小さじ1)
・水(400ml)

〈作り方〉
1.水を沸騰させ、だしと薄口醤油を加えておきます。
2.小松菜は食べやすい大きさに、油揚げは短冊切りにします。
3.1に2を加えます。
5.小松菜の色が鮮やかになったら、溶いたタマゴを流し入れます。
6.味をみて、味が足りなかったら分量外の塩を足して下さい。

〈ポイント〉
油揚げの湯抜きはしなくても構いません。また、小松菜の代わりの青菜として、例えばほうれん草を使う場合は、小松菜よりも茹で時間を短くして下さい。

スポンサーリンク

 

第2位 かき玉のガーダスープ

ガータスープはご存知ですか?簡単に言うと、小麦粉のダマスープです。実は今密かに人気を集めている簡単メニューなのです。すいとんよりも食べやすく、スープに適度なとろみがついて美味しいですよ。

〈材料〉
・ニンジン(1/4本)
・シメジ(1/2株)
・ニラ(2〜3本)
・タマゴ(1個)
・小麦粉(大さじ3)
・水(400ml)
・鶏ガラ粉末スープ(小さじ1)
・醤油(小さじ1)

〈作り方〉
1.ニンジンを千切りに、シメジは割いて、ニラは3cm程に切ります。
2.水を沸騰させて、1を入れます。
3.ボウルに小麦粉を入れ、分量外の水(大さじ1くらい)を加えて、菜ばしでボソボソになるまで混ぜます。
4.ニンジンに火が通ったことを確認して、2に3をボウルの中身全部加えます。
5.小麦粉のダマが浮き上がってきたら、鶏ガラ粉末スープと醤油で味付けをします。
6.溶いたタマゴを軽く沸騰させた5に流し入れて完成です。

〈ポイント〉
小麦粉をダマにする際は、大きめの米粒を作るイメージで水を加えて下さい。すぐに火が通って浮いてくるので、それぞれがくっつかない様に混ぜながら茹でて下さい。醤油の代わりにナンプラーにしても美味しいですよ。

第1位 フォー風かき玉の美味しい春雨スープ

image006

春雨で作るフォー風のスープです。胃腸にストレス無いスープで、ダイエットメニューとしても人気です。盛り付けの際にレモンを絞って頂くと、同時にビタミンも摂取でき
ますよ!

〈材料〉
・春雨(ひと玉)※今回はスープをかけて戻るタイプの春雨を使用します。
・ささみ(3つ)
・ネギ(1/3本)
・タマゴ(1個)
・レモン(1/4個)
・水(400ml)
★鶏ガラ粉末スープ(小さじ1)
★ナンプラー(小さじ1)
★テーブルコショウ(適量)

〈作り方〉
1.分量外の水を沸騰させたら、火を消して、ささみを入れ20分ほど放置します。
2.ネギはみじん切りにしておきます。レモンはくし切りにします。
4.水(400ml)は沸騰させ、★の調味料で味をつけます。
5.4に溶いたタマゴを流し入れて、タマゴをある程度固めます。
6.器に春雨を置いて、4を流し入れて春雨を戻します。
7.6にほぐしたささみと、ネギ、レモンを添えて完成です。

〈ポイント〉
ナンプラーが無い場合は醤油でも構いませんが、その場合は味を調節して下さい。今回レシピでご紹介した春雨は、戻してすぐに食べる事ができるタイプのものを使用しています。しかし、ご用意された春雨の表示にしたがって、戻してご利用頂いて結構です。レモンは食べる時に軽く絞って頂くと、爽やかに香って美味しいですよ!

 

ふわふわタマゴを作るコツ

今回は全てのメニューに共通する、かき玉を加えていますが、最後にふわふわにする為のコツを改めてまとめます。

①タマゴはよく溶くこと(特に白身は重点的に)
②沸騰したスープへ、数回に分けてタマゴ流し入れること
③タマゴを流し入れる時にはスープの沸いている場所を目掛けること
④タマゴがスープに浮いて固まるまで触らないこと

4つの工程は面倒と思いがちですが、タマゴが固まるのは大変早いので、実際は大した手間ではありません。見極めも簡単なので、例え料理が得意な方でなくてもコツは掴みやすいです。

タマゴは1個だけでもタンパク質や脂質がバランスよく摂れる食品なので、特に胃腸炎などで胃腸が弱っている時にはうってつけの食材です。ふわふわにする事で、口当たりよく消化もしやすくなるので、体調の悪い時にこそ食べて頂きたいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ab7436a20ac796da829f7b1fb7e3e692_s
  2. 8edcc10bab131391c125b42cb3ffd65f_s
  3. 01ed8f2b9bd22f25f9b4ea14adcf3568_s
  4. 83d603163c665e9007f19258e08ee528_s
  5. cf611ab70b6b0cf1e6c4a6af355ab510_s
  6. 55214b891df34b803b6af096cc0b7e3d_s
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人のプロフィール

NOVと申します。
基本的に楽しいことが好きなので、食べることやイベントなど様々なテーマを取り扱っています。
楽しいことをするには健康にも気遣わないといけないので健康に関する記事にも力を入れています。

このサイトを見て新たな発見・ヒントになったと思われるブログを心掛けています。

特集記事