「齟齬がある」とは?意味や例文による使い方、対義語・類義語について

この記事は2分で読めます

私たちの周りには限りない数の漢字があります。しかし、漢字は学校で習う程度で「日々、たくさんの漢字を使いこなして生きています!」と言う人は少ないでしょう。
しかし、社会に出ると耳にする言葉を「漢字は思い出せない、書けないけれど何となく理解できるから使っておこう」と思ったりしたことはありませんか?
特にビジネスにおいて専門的な言葉を使うシーンは誰しもあります。
そんな時、何となくのニュアンスで使った言葉で恥をかくことがないよう、特に使い方に注意する言葉は正しい意味や使い方を理解しておきましょう。
そこで、今回は「齟齬」という熟語について分析していきたいと思います。

スポンサーリンク

「齟齬」の意味と語源

image003

それでは、ここで「齟齬」についての意味と語源を見ていきましょう。

「齟齬」の意味とは

この漢字の読み方は「そご」と読みます。この漢字を目にする機会は大多数の方がないくらい難しいですね。
この「齟齬」は「意見、事柄などが食い違っていること」を意味する熟語です。要するに「齟齬がある」=「食い違いがある」ということになります。この時代、「齟齬」を書けなくても支障はないかもしれませんが、正しい読み方を知っておくことも大切なことではないでしょうか。

「齟齬」の語源

二つの漢字それぞれの意味をを見ていきましょう。なるほど!と、うなずくことが見えてきますよ。

「齟」

「何度も歯をあわせること、噛む」という意味

「齬」

「互いに入れ違うこと」という意味

この二文字の意味を繋げてみると、「何度も噛み合わせてみたものの、入れ違って合わないこと」という意味から「食い違い」を表現する熟語となりました。

スポンサーリンク

「齟齬がある」の使い方と「同義語」「対義語」について

image005

それでは、「齟齬」の意味が「食い違う」という意味とわかったところで、「使い方」の例文を挙げていきます。同時に「同義語」「対義語」についてもご覧ください。

「齟齬」の例文

・「感情の齟齬が生じた」
・「お互いの話を聞くと、両者の意見に齟齬がある」
・「現場は齟齬のないように進めることを必要とされます。」
・「言い方が悪く齟齬が生じてしまった」

以上のように「齟齬」は対立する、食い違うといった言い回しの場合に使われます。このようなネガティブな要素を持つ言葉は、特にビジネスにおいて注意して使わなければ誤解を招きかねません。

例えば、上司やお客様に「齟齬がないようにご確認くさい」と言った言い回しをすれば、「後々、クレームがでないよう確認しておいてください」など相手を責める発言にとられてしまうでしょう。

ビジネスシーンにおいて相手を怒らせてしまうような発言は控えておくべきですね。「齟齬」は、当事者の立場ではなくあくまで第三者的な角度から使うようにしていきましょう。

「齟齬」の「対義語」「類義語」について

では、「齟齬」と似た意味、反対の意味になる言葉にはどんなものがあるのか見ていきましょう。私たちが身近に使う言葉があるかもしれないですね。

「対義語」

「合致」ピッタリと合ったこと
「疎通」思い、考えが相手に通じること

「齟齬がある」の反対の意味として「意思の疎通」や「合致した」などの表現をします。

「類義語」

「相違」相反すること
「矛盾」述べていることと実際のことが違っている

「齟齬がある」に似た意味として「相違がある」や「この話には矛盾がある」などでしょう・。

ここで、相手に向かって「これには相違があります」と表現すれば、お互いの間違いを表ことになりますが、「これには齟齬があります」と表現してしまうと相手を責める言い回しに聞こえてしまいます。各場面に応じて言葉を使い分けていく意識を持っていくようこころがけましょう。

 

「齟齬」の使い方に気をつけよう

漢字の深さを知ることとして「齟齬」という言葉を例に挙げました。
「齟齬」は使う場所、人など少し使い方に注意すべき言葉でしたね。このように、言葉の意味を理解すれば相手に誤解されたり怒らせたりすることは起こらないでしょう。
知ることは大切ですが、このようにネガティブな意味を持ち備えた言葉はよく理解したうえでうまく使っていきたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人のプロフィール

NOVと申します。
日常で気になること全般を扱っています。健康に関するテーマや普段の生活の中で、疑問に感じたことについて追究しています。
基本的には読者の方が前向きになれるように心がけているので、訪れていただいた方が『他の記事も読んでみたい』と思われるようなサイトを作っていきます。

今日から使えるネタや情報を集めるソースとして、ご利用いただければと思います。

特集記事

アーカイブ