躊躇の意味や類語とは?「躊躇する」の使い方を例文で覚えよう!

この記事は2分で読めます

突然ですが、「しなくちゃいけないけど、やりたくないなあ...」なんて気持ちになったことのない方、いらっしゃいますか?そんなポジティブな気持ちでいられたら、本当に素晴らしいですね。
誰しも一度は『気の進まないことに取り組んだ経験』や『結局は気が進まずにやり遂げることなく終わってしまった』などといった経験をお持ちでしょう。
ずばり、このような気持ちを表現する言葉に「躊躇」と言う言葉を用います。
この「躊躇してしまった」や「躊躇しなければよかった」など幅広く使われる「躊躇」と言う言葉の魅力について、様々な角度から紹介していきます。

スポンサーリンク

「躊躇」の意味と語源

image001

ここでは、「躊躇」の意味と語源について学んでいきましょう。
「躊躇」この言葉、「ちゅうちょ」と読みます。読み方を聞けば、あっ!と感じますね。よく使う場面はあるけれど、曖昧なイメージで使っているこの言葉の深さを知れば、自分の感じる「躊躇」が今までと違ったものになるでしょう。

「躊躇」の意味とは?

「躊躇する」とは、「決断し兼ねている」「あれこれと悩んでしまう」ことを意味します。
また「躊躇」に「う」を付け「躊躇う」これは「ためらう」と読みます。「躊躇う」も同じように決断出来なくなっている「優柔不断になってしまう」状態を表現しています。

例えば、お出かけの際に洋服を選んだり、レストランでのメニューに悩んだり、雨が降っているために出かけようか否か迷ったり、日常においてこのようなシーンは至るところに潜んでいます。

自分の優柔不断さが他の人の迷惑になるのでは?と思えば自分に嫌気がさしてしまいがちですが、そんな時に「今のこの状態が躊躇なのでは?」と投げかけてみるのもたまにはいいかもしれませんね。

「躊躇」の語源とは?

ここで、この二文字それぞれについての意味と、この言葉の語源を解説しています。

・「躊」・・・「とどまる」と言う意味
・「躇」・・・「とびこえる」と言う意味

「とどまる」か「とびこえる」の真逆の迷う気持ち、つまり「ためらう」と言った意味に繋がります。二文字とも「足」がつくのは、止まったり飛んだりと足を使った動作が関係しているためです。

スポンサーリンク

「躊躇」を使ってみよう

image005

それでは、「躊躇」を使ったいくつかの例文を各場面に応じて取り上げていきます。併せて類義語やよく似た言い回しを確認していきましょう。各方面に視点を置くことで、言葉のニュアンスを一層感じることが出来ますね。

ビジネスシーンでの「躊躇」

・「社長は、社員を多数解雇することに躊躇している」
・「躊躇すれば、このチャンスは二度とこないであろう」
・「新しい仕事を彼は躊躇することなく了承した」

日常生活においての「躊躇」

・「彼女はこの結婚を躊躇しているようだ」
・「彼は本音で話すことに躊躇した」
・「ママ友からのお誘いを一瞬躊躇してしまった」
・「彼女は、躊躇することなく新規開拓のお店に入っていった」

以上のように「躊躇」とは行動に起こそうとした時におこる迷いが生じ、次の行動に移せなくなることを言います。

「躊躇」をしないことは決断力の速さを意味する言葉に繋がるのです。「躊躇」の類義語、よく似た言葉としては

・「優柔不断」
・「逡巡」
・「先延ばしにする」

などがあります。これらは、全て行動に起こせない様子を表現しますが、「逡巡」などが時間をかけて悩み考える言葉だとすれば、「躊躇」とは一瞬の迷いを表しています

【関連記事】

「踏襲する」とは?読み方や意味、使い方の例文5つをご紹介

「俯瞰」とはどんな意味?正しい使い方、英語や対義語の表現について

「鑑みる」とは?意味や例文による使い方、英語や類義語・同義語をご紹介

 

使い分けることで言葉の意味がより深く伝わる言葉

日常会話において何となく感情を表す言葉として使われる言葉も、生活のあらゆるシーンにおいて使い分けることで、相手により一層、気持ちが伝わる言葉にかわるでしょう。
また、新聞や本を読む際にもこれらの言葉の意味を理解することで、役に立つことがあるのではないでしょうか。
うまく使うことで、後ろ向きな要素を含む言葉が明るく前向きな言葉に変身する、これが言葉のマジックですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人のプロフィール

NOVと申します。
日常で気になること全般を扱っています。健康に関するテーマや普段の生活の中で、疑問に感じたことについて追究しています。
基本的には読者の方が前向きになれるように心がけているので、訪れていただいた方が『他の記事も読んでみたい』と思われるようなサイトを作っていきます。

今日から使えるネタや情報を集めるソースとして、ご利用いただければと思います。

特集記事

アーカイブ