「揶揄する」と「揶揄される」の意味とは?使い方を例文でご紹介!

この記事は3分で読めます

新聞の政治経済欄に「揶揄する」という言葉が記載されたコメントを見ました。
「やゆする」という読み方のこの言葉、舌を噛んでしまいそうですが、どことなく良いイメージはしない言葉ではあります。
仕事でも「揶揄する」「揶揄される」と言われると馬鹿にしたりされたりしているようで
あまり進んで使おうと思えないものです。また「揶揄する」「揶揄される」場面にでくわすことを好む人は早々いるはずないでしょう。
ここではそんな「揶揄」の意味や語源、使い方の例文と英語・反対語・類義語をご紹介していきます。

スポンサーリンク

「揶揄」の意味・語源

「揶揄」はこのまま使うことはほとんどなく「揶揄する」「揶揄される」といった使い方をします。それでは「揶揄」の意味や語源はどのようなものか見ていきましょう。

「揶揄する」「揶揄される」の意味

「揶揄」とは「からかう・なぶる」という意味の言葉です。
「からかう」ということに良い印象はありませんね。人を困らせるという点でよく目にするのは政治の世界です。政治家は皮肉を言ったり言われたり、見ている方が情けなくなることがあります。

  • 「揶揄する」・・・「からかう、馬鹿にする」
  • 「揶揄される」・・・「からかわれる、馬鹿にされる」

政治とは上記のようなやりとりが、公共の電波を通じて行われるビジネスなのかもしれませんね。

「揶揄」の語源

  • 「揶」・・・「からかう」という意味の漢字
  • 「揄」・・・「ひく、うごかす」という意味の漢字

「揶」とは、「手へん」を除くと「耶」という漢字になります。これは「正しくない」「意見が偏っている」という意味の漢字になります。ここに「手へん」を入れることで「自らが他人に害を与える」という意味へと変化し、のちに「からかう」という意味に転じたのです。
「揄」とは、「手へん」を除くと「応答」や「患部を抜き取り蘇生する」といった意味があります。それに「手へん」が合わさることで「手で取りだす、引き出す」といった意味になりました。
しかし、この二つの漢字の意味が合わさり「からかう」になったのは「楡楊(ゆよう)」という言葉の意味である「褒めそやす」「調子にのらせる、おだてる」という言葉に使われていることで、「楡」自体も「からかう」という漢字になったのです。

スポンサーリンク

「揶揄する」「揶揄される」の使い方

それでは、「揶揄」の使い方にはどのようなものがあるのか「揶揄する」「揶揄される」の二つの言葉の例文を見ていきましょう。

「揶揄する」

  1. 彼は会議のたびに上司のことを揶揄するから印象が悪くなっている。
  2. 社長はなぜか彼女のことだけを揶揄する。
  3. たとえ性格が合わなくてもパートナーを揶揄することはいかがなものかと思った。

「揶揄される」

  1. わが社はいつも社内人事がお友達人事と揶揄されるから困ったもんだ。
  2. 彼女の仕事スピードは亀くらいだと揶揄された。
  3. ワンマン経営の社長は周囲から独裁者とやゆされている。

上記のような例文から言葉の持つイメージが想像できたのではないでしょうか?
ビジネスにおいて皮肉に聞こえる言葉は、あまり望ましいものではありませんね。

 

「揶揄する」「揶揄される」の英語、反対語・類義語

次に「揶揄」の英語での表現や反対語・類義語にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

「揶揄する」「揶揄される」の英語表記

  • derided・・・揶揄する
  • poor are ridiculed・・・揶揄される

【例文】

  • She is always poor are ridiculed.(彼女はいつも揶揄されてかわいそうだ)
  • He would hurry so frequently ridiculed the boss.(彼はよく上司を揶揄するので焦ってしまう)

「揶揄する」の反対語・類義語

【反対語】

  • 庇う(かばう)

【類義語】

  • ディする
  • 軽蔑する

英語での会話にまで「揶揄する」「揶揄される」という意味の言葉を使うのはあまり嬉しいものではありませんが、知っておくと便利ではあります。また、反対語や類義語も覚えておくとその年代に合った使い方の切り替えが出来ますね。

 

時と場合によっては使われる言葉の重さを理解しよう

ここまで「揶揄する」「揶揄される」について解説してきました。
会社や組織で揶揄したりされたりすることは望ましくありませんが、政治においての「揶揄する」は戦略のように見えてしまうので不思議なんですね。
スムーズにお仕事を進め、自分が認めてもらえるようになるためにも「揶揄される」ことのないように心がけていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人のプロフィール

NOVと申します。
日常で気になること全般を扱っています。健康に関するテーマや普段の生活の中で、疑問に感じたことについて追究しています。
基本的には読者の方が前向きになれるように心がけているので、訪れていただいた方が『他の記事も読んでみたい』と思われるようなサイトを作っていきます。

今日から使えるネタや情報を集めるソースとして、ご利用いただければと思います。

特集記事

アーカイブ