「平素」の意味とは?「平素より」「平素は」の使い方と例文をご紹介!

この記事は2分で読めます

社会人になってメールやお礼の手紙を書いたり受け取るようになると必ずと言っていいほど「平素は」と言う出だしを目にするようになりました。
漠然と理解しているのでこちら発信の時も「平素」と使いますが、「いつも」「普段」ではなく「平素」なのかと疑問に感じて上司に聞いたことがありました。
しかし、上司も掘り下げて考えて使ったことはないようでますます疑問に感じました。
この記事では「平素」の意味や「日頃」との違い、使い方の例文についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

「平素」の意味とは?

「平素」とは「へいそ」と読みます。これは社会人なら読めて当たり前ではないでしょうか?
「平素」とは「日頃・普段」という意味です。
ビジネスにおいての文面に使われるのは「平素」が多くなっています。
なぜ「平素」がビジネスで一般的に使われるようになったのでしょう。

「平素」と「日頃」の違いとは?

「平素」と似ている言葉に「日頃」をいう言葉があります。この二つの言葉は類義語と言えますが、使い方で微妙な違いが生じてきます。

「日頃」とは「かねてより」「いつも」という意味の言葉です。「毎日のように続くこと」を「日頃」と言いますが、どちらか言えば親しみこもった言葉して使われることが多いので、お得意様に向けて使われたり口頭で使われたりします。

「平素」とは、特に変化はない毎日の中においてお伺いする際に使われる言葉です。
変化のないことに対してなので口頭で「平素」を使うことはなく、文面で使用されています。

「平素」と「日頃」は類義語ですが毎日の生活での静と動といった表現において使い分けていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

「平素」の使い方と例文

それでは「平素」の使い方を例文で見ていきます。ビジネスにおいて書面を書くことはとても重要なことですのでぜひ覚えておきましょう。

【例文】

「~格別のお引き立て」

  1. 「平素は格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。」
  2. 「平素は格別のお引き立てを賜り、まことにありがとうございます。」
  3. 「平素より格別のお引き立てをいただき、誠にありがとうございます。」

「~は格別のご高配」

  1. 「平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。」
  2. 「平素は格別のご高配を賜りまして、誠にありがとうございます。」
  3. 「平素は格別のご高配を賜り、感謝の気持ちでいっぱいです。」

ビジネス用語と言える「平素」は、文面の出だしのあいさつ文に使われるので上記のように多少の言い回しの違いがあれど、ほぼ同じ内容になっていますので覚えておきましょう。
「平素は」より「平素より」の方が軽い言い回しなので後文(「~は格別のご高配」)も軽めの表現で大丈夫ですが、ビジネスでの手紙という要素を頭に入れて使うようにしなければいけません。

また、上記の後文はお客様や堅いあいさつ文として用いられるので、企業間や社員間で使う場合は「平素よりお世話になっています。」と言った使い方の方がいいでしょう。

類義語には「毎度」「先般」「常々」などがありますが、これらを「平素」に置き換えてみると「平素」がいかにビジネス文に使うものであるのか理解できますね。

 

ビジネスシーンにおいて正しく言葉を使えることが最初の一歩

ここまで「平素」について解説してきました。
社会に出ると今まで気にもしていない言葉を自分が使わなければいけない日がきます。
その言葉を正しく使うためには意味や使い方をしっかり理解しないと自分が恥ずかしい思いをしたり会社にとってもマイナスになりかねません。また、相手に対しても失礼なことになるので注意しましょう。
ビジネスシーンの正しい敬語や言葉の使い方を理解することが社会人として最初の一歩のひとつと言えますし、社会人をして長い経験があっても言葉遣いや言い回しに焦ることのないようにしていくことが大切ですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人のプロフィール

NOVと申します。
日常で気になること全般を扱っています。健康に関するテーマや普段の生活の中で、疑問に感じたことについて追究しています。
基本的には読者の方が前向きになれるように心がけているので、訪れていただいた方が『他の記事も読んでみたい』と思われるようなサイトを作っていきます。

今日から使えるネタや情報を集めるソースとして、ご利用いただければと思います。

特集記事

アーカイブ